×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

口臭は生きている限り避けられない

口臭はどうすれば抑えることができるのでしょうか。口臭サプリメントと呼ばれるサプリメントを摂取することで、口臭を抑えることができます。この口臭サプリメントに含まれている口臭予防の成分にはいろいろなものがあります。例えば、口臭サプリメントに配合されている成分の中でとても身近な成分がカテキンです。カテキンは緑茶に多く含まれている成分で、ポリフェノールの一種として有名な成分です。

絶対に防げない口臭があります

口臭の原因には大きくわけて3つのものが挙げられます。その口臭の原因のひとつが、生理的な口臭と呼ばれている口臭です。生理的な口臭というものは、口臭の原因としては誰もが持っているものです。例えば、食べ物を食べた後などには、口の中に食べカスが残り、その食べカスが細菌と混ざり口臭の原因となることがあります。このような口臭の原因の場合は、きちんと食事のあとに歯磨きをして清潔に保つことにより、口臭を防ぐことができます。病気の原因もあります。歯周病や舌苔ですね。舌苔が付く原因は、慢性胃炎などの場合や、熱がある場合などです。他に口臭の原因となる病気には、糖尿病などの代謝系の疾患、胃腸が悪いなどの消化器系の疾患、気管支炎などの呼吸器系の疾患、また、鼻や喉などの病気も、口臭の原因となることがあります。口臭の原因が病気などの場合には、治療を行うことが口臭を解決する方法です。3つめの主な口臭の原因は、食事内容による口臭です。

全てに気を使っていると口臭ノイローゼになっちゃいます、割り切りましょう

歯周病や虫歯や歯槽膿漏などの口膣内の疾患が口臭の原因となることもありますし、糖尿病などの身体的な疾患が口臭の原因であることもあります。そのような、治療すべき原因がある口臭の場合もあるのですが、口臭の原因の中には、治療をする必要のない、誰でも起きうることが原因の口臭もあります。寝起きの口臭もその一つです。何故、寝起きの口臭が起きるのでしょうか。それは、口臭の起こる原因の中に、口の中が乾いている場合に口臭が起こるということと関係があります。寝ている間には、唾液の分泌がとても少なくなります。それで寝ている間に、口の中はどんどん乾いていきます。唾液には殺菌作用がありますが、寝ている間は唾液の分泌が抑制されているので、口の中の細菌がどんどん増殖していくことになります。このことが、起床したときの口の中がネバネバとネバついていて口臭がクサイ原因になり、寝起きの口臭となるのです。